片思いの失恋から立ち直るための簡単な方法とは?

片思いしていた相手との失恋は、経験している人が多いのではないでしょうか。

好きであればあるほど、失恋していたときのダメージは大きいです…!

できることなら、失恋のショックから早く立ち直りたいですよね!

そこで今回は、失恋したときにより早く立ち直るための方法をご紹介していきます。

片思いで失恋した後に考えがちなこと

女性が失恋した後に考えがちなことは、大きく分けて次の2つです。

  • 失恋したからもうダメ
  • 他の男性も自分を嫌いに決まっている

失恋したからもうダメ

「私にはこの人しかいなかった…!振られたからもう人生終わりだ!!」と、考える女性がいます。

失恋した直後は、好きだった人に振られたわけですから、無理もないですよね。

しかし、男性はその好きだった人だけではありません。

男性はたくさんいるので、失恋相手よりも良い条件の男性が現れる可能性が高いです。

失恋直後は落ち込みやすいですが、気持ちが落ち着いてきたら、また出会いを求めて恋活を再開しても良いでしょう。

他の男性も自分を嫌いに決まっている

失恋した直後の女性が陥りやすい考えが、「他の男性も自分を嫌いに決まっているんだ!」という嫌悪感です。

言ってしまえば、自暴自棄になりやすくなっている状態ですね。

その状態では、慰めてもらっても「あの人の何が分かる!」って感情が先立ってしまいがちです。

こういった感情が自分の中にあるときは、しばらくの間は一人で過ごした方が良いでしょう。

片思いの失恋から立ち直るための方法とは?


では、片思いの失恋から立ち直るにはどうすれば良いのでしょうか。

効果が期待できるのは、次の5つです。

  • 失恋ソングを聴いて泣く
  • 友達に話を聞いてもらう
  • 自分磨きをする
  • 時間が解決してくれるのを待つ
  • 友人から紹介してもらう

失恋ソングを聴いて泣く

失恋してしまったときに元気の出る歌を聴く人が多いですが、実は余計にあなた自身をつらくしてしまっているのです。

一見元気が出る歌を聴くと、「私を振った男のことなんか忘れて、楽しく過ごそう!」と思うかもしれません。

しかし、それだと相手の男性に「嫌悪感」を抱いたまま別れることになってしまいます。

そこで、失恋ソングを聴きましょう。

失恋ソングを聴くと、自然と涙が出てきます。

それだけ、相手の男性を好きだった証拠です。

本気で好きじゃないと、涙なんて出てきませんからね。

失恋ソングを聴くことで、歌詞に共感して負の感情を一緒に流してくれます。

すると、気持ちもさっぱりします。

そうすることで、前向きな気持ちにさせてくれます。

「泣くなんてダサい」と考えている方は、一度思いっきり泣いてみてください。

きっとスッキリしますよ。

友達に話を聞いてもらう

失恋ソングを聴くことの次に、気軽にできる方法です。

友達に話をして慰めてもらいましょう。

話をするときは「前向きな励ましをしてくれそうな人」に相談しましょう。

例えば、「今回は残念だったけど、〇〇ちゃんにはもっと良いひとが現れるって!」と、ポジティブにアドバイスしてくれる人ですね。

「〇〇ちゃんを振るなんて最低な男だね!」と言ってくる人に相談しても、ネガティブな感情しか生まれません。

それだと、相談する意味がないので、できるだけポジティブな友人に相談に乗ってもらうことにしましょう。

きっと、「自分が悩んでいたことって、意外と小さなことだったんだな」と、後から振り返ると分かるときがきます。

自分磨きをする

振られた寂しさから、すぐに次の恋人を探す人がいます。

その前にやるべきことは、なぜ振られてしまったかを考えることです。

そうしなければ、次の恋人ができたとしても同じことの繰り返しになる可能性があります。

できれば、自分磨きをする時間に充てると良いかもしれません。

自分磨きをしていると、良いことが2つ起きやすいです。

「自分が魅力的に見えるようになること」と「男性から声をかけてもらいやすくなること」です。

自分から恋活するよりも、こっちの方が失恋のショックを消し去ってくれるのと同時に、男性側から近寄ってきてくれます。

さらにいうと、魅力的になることで変な男性からアプローチを受ける危険性も減るのです。

時間が解決してくれるのを待つ

失恋した直後で、何もする気が起きない人もいます。

何も行動する気が起きない人は、時間が解決してくれるのを待つのも一つのです。

ただ、時間が解決してくれるのを待つのではなく、身辺整理をしてみてはいかがでしょうか。

はっきり言えば、片思いの相手とのやり取りを全部消しましょう。

いくら時間が解決してくれるといっても、片思いしている人の写真ややり取りした形跡を残しておくと、ふとしたときに感情が再燃してしまいかねません。

次の恋にいくためにも、断捨離をして時間が経つのを待ちましょう。

友人から紹介してもらう

最後の解決策として、友人から男性を紹介してもらうことも考えておきましょう。

あなたのことを知っている友人であれば、性格を知っている人が多いので、良い人を紹介してもらえる可能性が上がります。

注意点として、友人から紹介してもらうときに、「失恋直後の異性」を紹介してもらわないことです。

なぜなら、失恋直後が共通点となってしまうと、交際することがゴールになってしまうからです。

つまり、お互いのことをよく知らないまま交際してしまうことが多いのです。

そうすると、すれ違ってしまうことが目に見えていますよね。

だから、紹介してもらうときは、過去の失恋が吹っ切れている人か、恋愛したことがない人を紹介してもらうのもアリです。

まとめ

今回は、「片思いの失恋から立ち直るための簡単な方法」をご紹介してきました!

失恋から立ち直るためには、片思いの相手を忘れることから始める必要があります…!

立ち直ることは簡単ですが、精神的にはつらいこともあります。

ただ、そこを乗り越えれば次の恋に行くことができます!

ぜひ、参考にしてみてください。