飲み会や合コンで彼氏をゲットするには?

飲み会や合コンへ行ったって彼氏なんかできない!と思っている人って、多いんですよね。

確かに、一回の飲み会で彼氏ができる確率は、3〜4割と言われています。
この統計からみても、飲み会に10回参加してやっと1人の人とお付き合い出来るという計算になります。
ただ、これは一般的な統計に過ぎません。飲み会に参加するたびに、新しい彼氏を見つけたり、彼氏を見つける!と意気込んで参加し必ず結果を出したりする人もいるんです。
必ず『お付き合いをする』という目標を達成する人から、学ぶべきことは何なのでしょうか?

男性との出会いの場にウケる服装とは?

女性同士で見ればとてもオシャレな服装でも、男性からはウケの悪い服装があります。
飲み会の場では、同性ウケよりも異性ウケを狙っていきましょう。『一緒に行く女子の目が気になる…』という人!何のために飲み会に参加するのか、今一度自分の目標を確認してくださいね。

一緒に行く女子も、ライバルの一人に過ぎませんよ。
NGファッションは、清潔感の無さと過度な露出です。ブランドものの高価なものをアレコレ身にまとうのもやめましょう。

お付き合いをして、いずれ結婚まで考えるなら、清潔感のある女性が好まれるのは当然ですよね。
ブランドものを沢山身につけていると『お金がかかりそう…』というイメージを持たれやすくなります。

露出も同じです。一回限りの遊びとしては問題なくても、長くお付き合いをするのに、軽そうな女性は敬遠されます。
胸元がガッツリ開いたトップスや超ミニスカート、ショートパンツは避けましょう。

男性ウケを考えるなら、膝丈のスカートに、露出が程よいトップスを合わせましょう。
あまりかっちりしすぎるのも堅そうに見えますので、キレイ目カジュアルを心がけましょう。

飲み会の最中に気をつけたい行動とは?

最初に座る席は重要ですよ。出来るだけ真ん中に近い場所に座りましょう。

誰とでも喋りやすい場所ですし、視線も合わせやすくなります。席替えがなくても、皆と会話が出来るので、参加者の男性のこともよく知ることが出来るでしょう。

合コンで必ず彼氏をゲットしている人は『待ち』ではなくて、『攻め』の姿勢が強いです。
男性から話しかけられるのを待つのではなく、自分から質問をしたり、視線を送ったり、気になる男性がいれば積極的に動きましょう。

人数が多いと、大皿の料理が出てきますよね。これも、チャンスの一つです。
誰かが取り分けてくれるのを待つのではなく、自分から率先して皆に取り分けるようにしましょう。

もちろん男性だけではなく、女性の分も含めて取り分けてくださいね。

どんな会話をすればいいの?


緊張してしまって何を喋ればいいかわからなくなったときは、出身地や通った学校の話なんかをすると良いでしょう。

出身地が同じ人がいたら、運命を感じちゃいますよね。仕事の話も飲み会の会話としては欠かせません。
相手の生活リズムなんかも把握しやすくなりますからね。

一方、噂話や悪口は絶対避けるべき会話です。
誰かがこういった話を始めたときは、サラリと会話の方向性を変えられるくらい機転が利かせられると良いですね。

合コンで盛り上がるゲームって?

10円玉を使った『YES・NOゲーム』は盛り上がること間違いなしですよ。

まず人数分の10円玉を用意し、おしぼりで隠します。
『今日の飲み会が楽しい人』とか『彼女が欲しい人』とか質問をし、YESなら表向き、NOなら裏向きに自分の10円玉を動かすだけです。

初対面で、踏み込んだ質問がしにくいときなんかは最高に盛り上がりますよ。

英語禁止ゲームなんかも人気です。『ビール』とか『スマホ』とか、カタカナ言葉を禁止にします。意外と難しいので、皆で盛り上がれるでしょう。

LINEやメールを交換したらいつ送る?

せっかく気になる人の連絡先を知ったなら、お礼をその日のうちに送りましょう
自分から送るなんて…と思っていては、いつまでたっても彼氏は出来ませんよ。自分から送ることで、『この子俺に気があるのかな?』と思わせることも出来ます。
そうすることで、相手の印象にも残りますからね。

送るか送らないか迷ったとき、まずは送っておいて損がない!ということを頭に入れておきましょう。

行動次第で結果は変わる!

彼氏の作り方をアレコレ考えて策を練るより、気になる男性に出会えたときはまず行動あるのみです。
一緒に参加している友達が先に行動してしまえば、後から連絡するのも気がひけてしまいますからね。

飲み会の最中に視線を送ってさりげなくアピールするのも良し、トイレに立ったときに横に座るのもよし、連絡先を聞けたならすぐLINEやメールをするのもよし!
彼氏を作りたいのであれば、多少大胆かな?と思うくらいの行動力を持つようにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です