好きな人と両思いになる6つの方法

「好きな人と両思いになりたい」

この感情は、男女問わず持っている感情です。

自分の好きな人と両思いになれたら最高ですよね!

では、どうすれば好きな人と両思いになれるのでしょうか…?

そこで今回は、「好きな人と両思いになるための方法」をご紹介していきます。

好きな人と両思いになる6つの方法

好きな人と両思いになるためには、一緒に過ごす時間を長くする必要があります。

お互いのことをよく知らなければ、「良い子だなあ」と好きな人から思われることはありませんからね。

そこで、次の6つの方法を試してみましょう。

  • 一緒に行動する時間を増やす
  • 好きな人に居心地の良い相手だと感じてもらえるようにする
  • 感謝の気持ちを常に伝える
  • 2人だけの秘密を持つ
  • 他の人の前で見せない顔を見せる
  • 好きな人とは本心でぶつかる

一緒に行動する時間を増やす

仲が良いときは、一緒に行動することを「当たり前」だと感じてもらえるようにすると良いでしょう。

そのためには、一緒に行動する時間を増やして行かなければいけません。

例えば、仕事終わりに栄養ドリンクを渡しながら「仕事おつかれさま!この後、飲みに行かない?」といった感じに誘ってみましょう。

大切なことは、会っている時間を増やすことではなく、会う回数を増やすことです。

会う回数を増やしていけば、自然と一緒に行動することになりますよね。

つまり、1週間のうちに土日しか会わないけど泊まりがけなのと、1週間のうちに4日以上会うけど呑むだけの関係性だった場合、後者の方が好きな人と両思いになりやすいといえるのです。

好きな人に居心地の良い相手だと感じてもらえるようにする

一緒に行動する時間を増やしていくと、好きな人があなたのことをどう思っているか分かってくるようになります。

もし居心地が良ければ、好きな人からも誘ってくれるようになるでしょうし、逆に居心地が悪ければ誘いに応じてくれなくなるでしょう。

連絡を取ったり、一緒に行動したりしていると、自然と雰囲気やニュアンスで、居心地の良い相手だと相手が思ってくれているか分かるのです。

まずは、好きな人に「この子と一緒にいると落ち着くなあ」と感じてもらえるように、「一緒にいて落ち着く人ってどんな人?」と聞いてみるようにしましょう。

感謝の気持ちを常に伝える

あなたは、感謝の気持ちを好きな人に伝えられていますか?

家族や友人に、小さなことでも「ありがとう」と伝えられていますか?

恥ずかしくて伝えられていないのではないでしょうか。

実は、感謝の気持ちを伝え続けるって、非常に大切なことなんですね。

些細なことでも構いません。

例えば、デートに行ったとしましょう。

デート先で、なにかしてあげるたびに「ありがとう」「ごめん」と言ってくれる子と、なにも言ってくれない子だったら、どっちの子とデートしたいと思いますか?

見返りを求めているわけではありませんが、どうせだったら「ありがとう」「ごめん」をしっかり言える子に好感を持ちますよね。

つまり、好きな人と両思いになりたければ、感謝の気持ちをしっかり伝えるようにしてみましょう。

2人だけの秘密を持つ


別にいやらしい意味ではありません。

例えば、彼から誘われて、デートに行ったとしましょう。

親密な関係になっていたとしたら、「実はさ、以前にこんなことがあって、少し気持ちが沈んでるんだよね」と言われたとします。

そう言われたら、「私がいるよ!」と励ましてあげましょう!

すると、男性側は「このことは、信頼できる人には言ってないから、他の人には秘密にしておいてね」と言ってくる可能性が高いです。

これが、2人だけの秘密です。

今後は、その秘密を知っていることで、好きな人の相談にも乗りやすくなります。

もしきっかけがあれば、2人だけの秘密を持てると良いかもしれません。

他の人の前で見せない顔を見せる

好きな人と両思いになるためのコツで、「他人に見せない表情」を見せるといったものがあります。

分かりやすくいうと、ふだんはメガネをかけているのに、あなたと2人きりの状態だとメガネを外して「実はコンタクトなんだ」と言って笑いかけてくるような感じです。

親密な間柄で、そんな小悪魔テクニックを披露されたら、男性はいやでもあなたを異性として気にし出すでしょう。

つまり、仲間と一緒にいるときに見せる表情と、違った表情を相手に見せることで異性としてみてもらい、あなたを好きになってもらいやすくしているのです。

男性からすれば、「他の男性には見せない一面をオレに見せてくれている…この子はオレに気があるのか?」と気にさせることができます。

好きな人と両思いになりたい人も、好きな人はいないけど気になっている人がいる人も、この方法は使えるでしょう。

好きな人とは本心でぶつかる

好きな人だからこそ、本心でぶつかりましょう。

親密になってくると、気を遣わなくなってくるので、お互いに遠慮なく物事を言いがちです。

しかし、好きな人の意見だからといって、あなたが折れて相手に合わせていると疲れてしまうことがあります。

とはいえ、本心でぶつかるといっても、怒るわけではありません。

つまり、お互いに納得のいくまで話し合うのです。

そうするだけで、2人の関係はより深いものになっていくでしょう。

まとめ

今回は、「好きな人と両思いになるための方法」をご紹介してきました。

ここでご紹介した方法を使えば、仲の良い友人関係から、両思いになれる可能性が高くなります!

もう、好きな人から振られる心配をしなくても良いんです。

なぜなら、男性を振り向かせる方法が分かっているからです…!

実践していくうちに自信がつけば、さらにあなたの魅力が増すので、その分効果も増します。

ぜひ、参考にしてみてください!!